近所でも有名な、行列のできる耳鼻咽喉科の名医の話。



私の近所に、朝も早くから行列の出来る診療所があります。何科のお医者様なんだろうと思ったら、耳鼻咽喉科の診療所でした。
私自身も風邪を引いたら必ず最初に喉が痛み出すので、一体どんな名医が診てくれるのかという興味もあり、診察して頂く事となりました。


風邪やアレルギー、そして花粉症など、多く患者さんが診察の順番を待ちますが…なかなか回って来ません。そこでふと気付きます。
そこのお医者様は、患者さんと真摯に向き合い、1人1人にかける診察時間がとても長かったのです。


「今回はどうしたの?」「ああ、いつもの症状だね」「この前出した薬はあなたに合ったんじゃないかな?」「こちらの症状も気になるから調べておくね」
診察室に入ってから聞こえて来る優しげな声に、毎日出来る行列の意味が判った気がしました。


名医と呼ばれるお医者様は診療の腕前だけではなく、忙しければ忙しいほど流れ作業になりがちな医療の現場でも、1人の患者さんにきちんと時間を割き、その声に耳を傾ける姿勢も大切なポイントである事を、その耳鼻咽喉科で実感しました。

◆babekyayin.comオススメページ一覧◆

SUB MENU

おすすめサイト